11月の鉢植えのお手入れ

寒さに敏感な北方系の種類から順に、葉が黄色くなり始めます。
液肥を止め、水を控えめにして冬の休眠期に向かわせます。
枯れ葉取りはこまめに。

10月の鉢植えのお手入れ

生育良好な株は根土を崩さず、一回り大きな鉢に植え替えます。
生育不良な株は根土を崩して水洗いし、一回り小さな鉢に新しい土で植え替えます。
病虫害に注意。

9月の鉢植えのお手入れ

朝晩涼しくなり、新葉や閉鎖花の展開が始まったら秋の生育期です。
日除けを外すなど春の置き場所に戻して液肥を再開します。

8月の鉢植えのお手入れ

関東以西では南方系の蝶ツマグロヒョウモンの幼虫(オレンジに黒の刺のあるイモムシ)が夏~秋にすみれの葉を食い荒らします。
葉の裏側を丁寧に観察して捕殺します。

7月の鉢植えのお手入れ

夏の強い日差しに弱い「日陰のすみれ」から日除けするか、木漏れ日となる日陰に移動します。
夏は液肥を休み、風通しの良い涼しい場所で、夏越しさせます。